<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2009.02.08 Sunday 
[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.02.08 Sunday  | - | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

UFOが…。

2006.12.30 Saturday 17:07
[ COMICS ]
もやしもん 4―TALES OF AGRICULTURE (4)
もやしもん 4―TALES OF AGRICULTURE (4)
石川 雅之

最近、このマンガにめっぽうハマっています。
mixiのほうでは、既にさんざん騒いでいるのですが…(笑)
なぜか微生物が肉眼で見えてしまう男の子・沢木くんが
幼馴染と上京し、共に東京都内の某・農大に入学し、
そこの応用微生物学(てか発酵学?)の不思議な教授に出会い
その才能に興味を持たれながら、その教授のゼミに出入りしつつ
農大ならではの賑やかで独特のキャンパスライフを送る話。
出てくる菌たちがかわいいんですよ、菌のくせに。(マジ)
沢木くんに語りかけるその姿は、妙に愛着が湧きます。
理系の入門書としても楽しく読めて面白いですが、
専攻こそアレでしたが一応、理系の学部にいた人間としては
その独特のノリは誇張されてるとはいえ、かなり共感できるので
(笑)個人的には大興奮しながら読んでおります。
作品のモデルは明らかに東京農業大学・農学部なんだけど、
明らかにこんなではないと思うよ。キャンパス覗いたことあるけど。
農大はこのマンガほど誇張された世界ではないのですが(笑)、
でも、非常によく取材した上で書かれてると思います。凄いです。
ちなみにこのマンガ、この4巻が出たばかりで、、、でさぁコレ
なんで表紙のデザインがミュシャ風なのさ!(爆笑)
本屋で吹き出しましたさ、ミュシャファンだったので余計に。
表紙から内容が全くイメージできないのがこのマンガなのですが
まぁ、読んでみればわかります。
独特の可笑しさがあるんですよ。お勧めです。

で、この漫画「もやしもん」4巻には
舞台になってる農大の、UFO研究会ってサークルが
理由あって、大学の畑にミステリーサークルを作る話があるんだけど

…本の印刷面が意図的にUFOになってるんだけど、これ(苦笑)

20061230_270155.jpg

こんな凝った、どうでもいい細工があるあたり
流石、この漫画…とか思ってしまった。
ま、かなりトリビアな話ではあるんだけど
ファンにとっては、ちょっとした事件です。(笑)
しかし、くだらねー!!(爆笑)

ってなわけで、久々のマンガレビューでした。
2006.12.30 Saturday 17:07 | comments(0) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

いよいよ登場

2006.08.23 Wednesday 17:20
[ COMICS ]
デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
若杉 公徳


これを紹介したら、ブログの「COMIC」カテゴリがとてつもなくカオスになる
…それをわかっていても紹介せずにはいられません。
遂に雑誌「STUDIO VOICE」の表紙を飾ってしまった漫画です。
デトロイト・メタル・シティ。…デトロイトってヒップホップの町じゃ?(笑)
何はともあれ、そんな名前の悪魔系メタルバンドの物語。
しかし、主人公の根岸くんはバンドの名声と裏腹に
本当にやりたい音楽はスウェディッシュ・ポップ。なのになぜメタルを…
その経緯は現段階では明かされていないところもミステリアスです。
歌詞はまぁ、ひどい。(笑)外見は鉄拳meets聖飢魔兇里茲Δ淵襯奪ス
(カツラとメイクで普段の根岸くんの姿とは大きな隔たりがある)
そんなロックバンド・通称DMCのボーカル・根岸くん演じる
「クラウザー鏡ね諭
彼が正体を隠しながら、本人の思いと裏腹に
バンドが着々とサクセスロード?を走り始める
苦悩と抱腹絶倒が待つ、実にくだらない漫画です。
いやーテレビ埼玉ネタとか、わかる人には死ぬほどおかしい。
どうもDMCの拠点は渋谷近郊らしく、知ってるハコが出てくると
もうそこでDMCがライブやってるの想像しただけで笑えます。
読んでる者同士、妙な仲間意識が出てしまうのもこの漫画の味…。
「知る人ぞ知る」ではありますが、まだ1巻しか出てないので
これから巻が増えると、また人気が出るのか、どうなんだろうか。
ちなみに連載・ヤングアニマル…だ、そうです。(笑)
以前、渋谷のブックファーストで見かけ、表紙に吹き出して買ったのですが
読んだら周囲に「仲間」がけっこういたので、嬉しい限りです。
続きどうなるのかなーー


休みに普段できないぶん、ネットしてるのですが
子供の頃に見ていたアニメの、ドイツ語版を見つけてしまい
あーーー、思わずノスタルジア。
N○Kでやってたアニメなんだけど、
子供の頃見たキャラがドイツ語喋ってる!
なんかそれが、みょーーに面白かったな、うむ。
っていうか、NICKで放送されてたのかよ、このアニメ!?
それが一番びっくりしたさ。。。


ってなわけで、相変わらず雑食な私でございました。とほ。
2006.08.23 Wednesday 17:20 | comments(0) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

最近読んだもの(偏りぎみ。)

2006.07.19 Wednesday 21:15
[ COMICS ]
仕事がバタバタしている時は、ニュースはyahooで残業中に見るのですが
(帰宅が遅いと、テレビは見ないで寝てる・笑)
休みの日は、ざっくりニュースくらいは、見ます。
バラエティも好きなんで、気が向けば…(えへ)
今は、暴れた梅雨前線の影響での各地の水害のニュースを見てます。
実は曽祖父母の家が、長野の諏訪盆地の片隅にあったのですが
(いまだに時々、墓参りで諏訪地方には行くことがあります)
暴れまくってる天竜川を見て、かなりショック。
あのへんの天竜川って、かなり穏やかな流れなのに…
岡谷とか箕輪とか伊那とか、知ってる地名が、場所がすさまじいことに。
警戒水域を超えてるあの川を、生まれて初めて見ました。
山が水を蓄えられるほどの地力がなくなったのか
それとも梅雨前線がやっぱり今回は強力なのか?
うーん、、、、
日本の人里近い山は、適度に手入れをされることで環境が維持されるので
(ちなみに専門用語でこれを、「二次的自然環境」と言います)
やっぱ世間で言われてる、「国内林業の衰退」とかって
これとは関係があるんだろうか…?と、
ニュースを見ながら、ひとり考えていました。
語りだすと、けっこう語ってしまうので、今日はこの辺で。
結論を急ごうとすると
♪風の谷の、ナウーシカ♪
あれが頭の中をグルグルと廻ってしまいます…トホホ。


テレビってのは、インターネットに比べると一方通行なメディアかなと…
つけて自分の見たいものが見れるとは限らないし。
ネットで見たいものを検索するのも面倒なときもあるし
ゴロゴロしながら、すぐ楽しめる娯楽を求めてみたら
…自分の性格的に、最近はマンガばっか読んでます。
こないだ早く帰れた日に、夜中の3時半までマンガを読んでしまい
「あたしバカだ…!」と、思いながらも
イッキ読みした「ハッピー・マニア」の満足感に浸って
翌日も仕事をしていたのでした。(笑)
この三連休はかきいれ時?だったので、3日とも仕事してました。
外に出ると、道が混んでるのだけは困ったんですけど、
それなりに充実した日々でございました。
で、帰宅してマンガばっか読んでたわけで(ひゃは)


ハッピー・マニア (3)
ハッピー・マニア (3)

ハッピー・マニア (5)
ハッピー・マニア (5)
安野 モヨコ

そんなわけで、一気に文庫を買ってきて読破したのが、コレ(笑)
いやー、大河ドラマのような作品でした。
カヨコの恋愛模様を読みながら
「あたしはこんなことしない!」とか(笑)
おいおいおいおい!と、ツッコミを入れる。
しっかし、タカハシ君には何度も泣かされました。
ボロボロと泣きながら、気づいたら夜の3時半。
カヨコがネギ持って、フクちゃんちの玄関に立つシーン
(読まなきゃ、何が泣けるのかさっぱりわかんないと思いますが)
…あれはマンガ史上に残る名シーンです、個人的に。
もーーー、タカハシ君です。彼はホントにいいやつです。
ある意味では危険ですし、なにげにエロいし(笑)
だけど彼には何度も泣かされました。ええ男だー(あえて叫ぶ)
ちなみに、文庫5巻の表紙がタカハシ君。うん、メガネなのだな。
メガネでないタカハシ君もいいんですけどね。
まぁ、結末とかには私は複雑なものも感じましたが
「私にとっての幸せって、なんだろう? 理想の恋愛って…?」
そういう自己分析を延々としながら、
納得や共感もしつつ、カヨコたちにツッコミも入れつつ
そういう楽しみ方ができるのが、このマンガっていうか
安野作品のダイゴミでもあります。
稲森いずみ主演でドラマ化されてた記憶があるのですが
とても原作はプライムタイムにドラマ化できるようには思えない。
いったいどうやってドラマ化したのか、
見ていなかったので、逆に気になります…
うん、けっこう激しいですよ(きっぱり)。先に申し上げておきます。
でも、もし私がカヨコであったなら、
けっこう早くこのマンガは完結してる気がする(苦笑)
カヨコのイライラするほどの遠回りなイバラ人生ぶりとか
その行く末に待ち構えているもの、
あとはそして、もがけばもがくほど、驚愕的な世間の狭さとか…。
このへんの妙なリアルさも、安野作品の凄さです。
文庫(たぶん)3巻で、庵野秀明が解説してるのも見どころ。(笑)
でもやっぱ、同じくイバラ道のタカハシ君が、泣ける…。
うううううううう、なんていいヤツなんだよう。
こんな人近くにいたら、あたしなら泣きじゃくってると思うナリよ。
(…ナゼにコロ助?)

っていうか、カヨコが途中で
「王家の紋章」って実在するマンガの熱狂的ファンであることを
あっさりカミングアウトするシーンがあるのだけど
それって、知る人には有名な「王家」ファンである
作者・安野さんの趣味が滲んでるなーと思いながら(笑)
メンフィスの熱狂的ファンであることをカミングアウトしてる段階で
「それって理想のタイプ、かなりハッキリしてんじゃんよ、カヨコ!」
そうツッコミを入れた私なのでした。
王家のあらすじがわかんない人には、なんのこっちゃい?な話ですが
主人公のタイムスリップしてきたアメリカ人・キャロルを、一途に想う
エジプトの王・メンフィスの激しいほどの愛
それを知ってると、もうもう。。
「あの作品でメンフィスのファンって段階で…答え出てるし!!」
激しくカヨコにツッコミを入れた私なのでした。(笑)
でもさぁ、あの作品を知ってる女の子ならさぁ
っていうか、女の子なら
一度はメンフィスに憧れるんじゃないのかな?(笑)
かくいう私も、メンフィスはステキな人だと思います。
…全部はとても、王家を読めてはいないのですが。
時間ができたら読みたい作品ではあります。あらすじは知ってるので。

王家の紋章 (50)
王家の紋章 (50)
細川 智栄子, 芙~みん

↑ちなみに、これが「王家」。ご参考までに(笑)
安野モヨコさんは「イブの息子たち」とか「エロイカより愛をこめて」とか
私の大好きな青池保子作品も大好きなのだそうで
そのへんもすっごく、安野・青池両ファンとしては嬉しいのでした。

エロイカより愛をこめて 31 (31)
エロイカより愛をこめて 31 (31)
青池 保子

↑ついでに、エロイカ33巻も出てすぐに読んだのですが
(画像は31巻ですけど、スイマセン)
…やっぱドイツとかヨーロッパネタを書かせたら
彼女は本当に凄い!と思いました。
面白いし勉強になる。なおかつ笑えて仕方がないし、知的。
最近ミーシャが出てこないのが気になりますが
カトル君が頻繁に出てくる最近の話も好きです。
いやーしかし、ジェイムズ君には笑った。彼はやっぱ最高だ。


のだめカンタービレ (15)
のだめカンタービレ (15)
二ノ宮 知子

↑あ、もちろんのだめ15巻も読みましたよ!
最近、自分がターニャに似てるような気がした2X歳の私…凹
いや、体型含めてリアルに。(うう)
くろきんのステキっぷりとか、バソンの彼(笑)も、気になる!!!
3月の旅ではザルツブルグもさまよっていたので
モーツァルトネタが炸裂した15巻は、個人的に最高でした。
向こうの人達にとってクラシックは、日本人以上に身近なのかもと
生誕250周年祭一色なあの地域を巡っていて思ったのですけど。
個人的にフランスは未踏の地なので、
のだめですっごい楽しませていただいております。
モンサンミッシェル行きたいーー。


で、出発点に戻って、ふたたび安野モヨコ。

花とみつばち (6)
花とみつばち (6)
安野 モヨコ

これは全7巻中、3巻まで読んでたのですが
先日イッキに4〜7巻まで読破!!
踏んだり蹴ったりながらも、垢抜けていく小松くんにハラハラながらも
うーん、面白かったかな、やっぱり。
後半に、前半で憎かった山田が失速?してしまうのが
個人的には残念ではありましたが…。
山田は前半のほうが笑いは誘いますね。うむ。
彼の自信過剰さは、前半のあの姿だからこそ面白い…(ひど)
やっと読めてスッキリでした。
ヤンマガに連載されてた作品なので、男性の方にもオススメ。
堂々と読んじゃってください!
もちろん女の子が読んでも、じゅーぶん面白い。
「働きマン」とか「さくらん」も面白いし
アダルトな面白さを楽しめるのが、安野作品の魅力。
最近ハマってるもののひとつです。
ストーリーに(いろんな意味で)色気があるのも、好き(笑)


で、安野作品はコレも(まだ読むのか!)

シュガシュガルーン 6 (6)
シュガシュガルーン 6 (6)
安野 モヨコ


ターゲットが小学生向きのはず、なんだけど(だって「なかよし」に連載中)
読んでると、けっこう大人向きな気がしてる作品。
最近はピエールとショコラの微妙な関係に、もうハラハラです。
今後も読んでると思います。(ああ、もう2X歳なのに…)
っていうか、絵がマジかわいい!!!
今の小学生がマジうらやましい。小学校で安野作品!!!!
キャラも個性豊かでオシャレなんですけど
個人的には吉井さんそっくりの「ロビン先生」が超好み(ひゃは)
で、この作品の本当の深さは、小学生にわかるのかなー?(笑)
これで安野作品に興味を持った女の子が、他の作品を読んだら
…いきなり「さくらん」とか読んだら、失神するんじゃ?と思います。
でも、最近の小学生おませさんらしいから、平気なのかな…(ハラハラ)
「さくらん」は、土屋アンナちゃん主演で映画化されるのですけど
もう、今から楽しみで…!
あの作品の魅力は、リアルな人間模様にあると思いますので
ぜひともR-18指定で、やらしくドロドロにやっちゃってください
(笑・きっぱり言うなー)
さくらんも、マジ泣けるのだよなー。あれもマジオススメです。



ああ、久々に延々と語りましたね。(笑)
マンガばっかでなく、他にもいろんなものを乱読してるのですが。
そろそろ夏だし、リンキン単独公演の先行予約の入金も今日はしたので
(仕事あがったらお台場まで飛んでいきますよ、リンキンは!)
…マンガ読みつつ、また再びロックモード突入かなっ?
って、別に仕事してても毎日いちおうロックなんですけどねぇ(きゃは)
残業中に「銀の皿を銜えた犬」(dsc)を鼻歌で歌ってたら
先輩に「ゴキゲンだね!」って言われた私です。うーん(笑)
PCの壁紙も、相変わらずLostprophets。
最近はマウスパッドも自作してLostprophets。
プライベートではhoobastankネタで盛り上がり中。
…あ、Every man for himselfの特典DVD、いいかげん見なきゃ!
(まだ見てないのかよ!ってツッコミは、勘弁してください…)

…おあとがよろしいようで?(笑)



でもやっぱ、ロスプロの新作はマジ好きです。
毎朝毎晩手放せない!サマソニがマジ楽しみです♪
イアンはまたスタッフTを奪うのかな。そのへんも気になります。

Liberation Transmission
Liberation Transmission
Lostprophets


このバカ長い記事に最後までお付き合い下さった方が
もしいらっしゃいましたら
…お付き合い、本当にありがとうございましたっ!!!
何も考えずに、レビューをまとまりなくダラ書きして申し訳ないです。
ありがとうございましたぁっ!!!



muzhik拝。(マジでひれ伏し)
2006.07.19 Wednesday 21:15 | comments(2) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

ロッカーですがオトメです。

2006.02.04 Saturday 22:52
[ COMICS ]
昨日、お仕事中の昼休み。
Yahoo! Booksの、この特集
ズキューーーン!!!!
やられたー!
やられた、シュガシュガルーン!!
安野モヨコ特集ですよ!!ムキャーー☆
もー、モヨさん作品の大ファンの私に、なんたる幸せ。
仕事の合間に何度もみちゃいました。かわいすぎ。

で、NICKの帰りに下北沢の本屋で買っちゃいました。
シュガシュガルーン 1 (1)
シュガシュガルーン 1 (1)
安野 モヨコ

今年2X歳の私なんですけど…
安野モヨコさんが「なかよし」でやってる連載と聞いて
元「なかよし」っこだった私の胸はときめきました。
なかよしで、小学生のときからモヨさん作品が読めるなんて
今の子はうらやましいです。。
おそるおそる、1X年ぶりに「なかよしKC」買いました…。。
まったく2X歳なのに(連呼)

話は、魔界から人間界にやってきた
10歳の魔法使いの女の子・ショコラとバニラの2人が
同居生活を送りながら魔界の女王の椅子を争い、修行をする話。
ふたりが通う小学校もなんだか不思議なとこで…
話は途中から意外な展開になってくのだけど
もーーー、絵がかわいすぎです。
意外とフツーに読めます。絵だけ見てても幸せです(笑)
今日も電車でBFMV聴きながら、目をキラキラさせて読んでたのですが
なんかおかしいよな、この組み合わせ…。凹
時折ちょこっと垣間見えるモヨさんの美学が、
ティーンものとはいえ、胸を熱くします。
恋ありバトルあり、ギャグありでホントにかわいー!!
本屋で人の目が気になったけど、買ったらとっても楽しく読めました。
ガラにもなく(笑)
コドモできたら読ませたいかも。
ちなみに私はショコラちゃん派です。
気の強いキャラも、かなり共感できます(笑)
ちょっとハリー・ポッターに通じるものもあるけど
安野ワールド炸裂なので、問題はないです。

読みながら久々にFAKE?聴いてたら
たまたまショコラが頑張ってるシーンだったので
「DREAM CATCHER」で、なんか涙がでちゃったよ、うわーん。


ちなみに今週、3日くらい徹夜の日があったので、フラフラです。
前日にそいつのヤマが終わったので
それでも予定は工面して、昨日はNICKを見に行きました。
レポは忘れないうちに書きますが、ライブはすっげー楽しかったです。
ひとこと言いたいのは「Sourceファンのみなさん、ごめんなさい。」
まぁ、詳しくは後日…。
ちなみに、サクちゃんもお客できてましたよ。



ああ、きっとすぐにFAKE?のライブなんだろうなぁ。
気付いてみたら、あと6日…!!!
当日に恵比寿でお会いできる皆様、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m
コレも、たーのーしーみー。

2006.02.04 Saturday 22:52 | comments(1) | trackbacks(0) | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

乙女は前に走るのだっ、、、!?

2006.01.16 Monday 22:47
[ COMICS ]
のだめカンタービレ #14 (14)
のだめカンタービレ #14 (14)
二ノ宮 知子

やー、マリンさんから書き込みいただいた翌日
慌てて本屋さんに探しに行きましたよ、のだめの新刊!!
出てるじゃないですかー、うっきゃー♪
さっそく買いました。いつのまにかすっごい人気ですね。
先週の産經新聞「産経抄」でも紹介されていて
(産経抄っつうのは朝日新聞でいう「天声人語」みたいなやつです)
「こんなかったいコラムが紹介するって、よっぽどだな」と
ヘンなとこでブームを実感してしまったのですが
いやー今回も素晴らしい。
っていうか、私には既にのだめ喋りが定着していてだね
「ぎゃぼー」「ムキャー」「ぷぎゃー」
この3つは確実に日常語として使用しているよ。。
さっきも友達宛てのメールに
「件名:ぎゃぼー!!」って無意識に送ってあったし
(履歴を見て笑ってしまった私)
そりゃ、のだめを貸した友達に
「どうだった?」と聞いたら
「なんか…のだめ、みゅじっくちゃんに似てた」
とか言われますよ、日常的に「ぎゃぼ」とか言ってれば。
でも私、部屋もっとキレイだし
料理は男に作らせるより、どっちかっつと自分で作るほうが好きだし
(あ、言っちゃった…でも、たまには男性の料理食べるのもスキー 
…と、すかさずフォローはしてみるが、もう遅い)
髪型、のだめに今ちょっと似てるけど、ピアノ弾けないし
(ね、ねこふんじゃったと、かっこうワルツくらいしか、もう弾けない…)
私のどこが、のだめなのよ?(笑)
ちなみにモロ千秋様タイプの男性と、苦楽を共にしたことは、ない。
あんな白シャツ黒髪+寝ぐせの貴公子…
まぁ黒髪で白シャツの似合う、男前の親友ならいるけど(笑)
ひとまず!
のだめちゃんと千秋くんの何がいいかっていうとですねぇ
でこぼこコンビなんだけど、互いに刺激しあって成長してるし
なんだかんだ千秋くんも、のだめちゃん大事にしてるし
こういう適度な関係が一番いいよなぁーーーー
ポイント押さえてるっていうか。
でもちょっと一瞬、波田陽区しゃべりになってる千秋くんが
みょーーーーにツボっていうか、笑ってしまった今回の私。
いやー、とにかく、いいいい。素晴らしいですね。
読んでてほんわかしちゃいました。
このまま2人にはそれぞれ、音楽の道を頑張ってほしい!!

あ、そうそう
のだめ15巻は特典つきで予約すると、マングースのぬいぐるみがついてきて
(まぁ、そのぶん割高になるんだけど、これがかなりカワイイ)
ファンにはたまんないので、さっそく予約させていただきます。
って、読んでないとマングースがなんでツボなのか
ちっともわかんないんだけど、わかる人には面白い話。
なので気になった人は1巻から買ってください!
たぶん買って損はないマンガです。面白いしさ。
あー、やっぱ元気出るからこのマンガはステキ☆


で、「美人画報ハイパー」も、同日発売で文庫になってたらしい。
モヨさんファンとしては、買うしかないっすよ!
ってなわけで、のだめと一緒買い。

美人画報ハイパー
美人画報ハイパー
安野 モヨコ

で、のだめは読んでしまったので、
今はこの「ハイパー」を電車で移動中に読んでるのですが
いやー、前作「美人画報」が面白かった人としては
まっすます面白いです。
これはマンガ家さんが書いてるけど、エッセイです。
VOCEっていう女性誌に連載されてた、イラスト満載のエッセイ。
「そーなのよ、そーなのよっ、モヨさん!!(拍手)」
って電車の中で相槌打ちながら読んでます。
イラストが色鮮やかで楽しいし、かわいいし☆
さすがにモヨさんのようにまで、コスメにお金はかけれないけど
そりゃー私だってコスメにいくぶん出費してる身だし
参考になることはいっぱいあるのですよ。
「あーー、モヨさん、そうよね、そうよね!!」と
もう共感してます、徹夜ネタとか(笑)
でも、マンガ家さんってハードなお仕事なのに
それでも美の道を追求し、オシャレで美人なモヨさん
これはもう、カガミですよ!
私とキャラも、たぶんけっこう似てると思う。
はじめて「美人画報」読んだとき、自分と文のノリが似ててびびったし。
いや、マジこんなノリなんですよ。こんな文章(苦笑)
いやー、しっかしかっちょいいなぁモヨさん。
ホントに私もモヨさんみたいな人間だったら、かっこいいのですが
そんなことはないであろう!(フッ)
でも、ホントこれっくらい服とコスメにお金をかけたいもんだよ。
やりたい!これくらいやりたい!!(笑)
でもって、この「美人画報」の最大の要点は
「忙しいっていうのは、美に手を抜く言い訳にならない」
ってコト。
だって、モヨさん忙しくてもこんなキレイになれるんだよ?
やっぱ努力ってするもんでしょうー
…って、書いてる私が美人かっつうと
それはまた別の話でありましてですね。私も引き続き努力せねばーー
でもまぁ、女はこうして今日も頑張って頑張って、
前に進んでるのですよ、男性のみなさん(笑)。
まぁ、そうやって頑張るために
女性は日々何をモチベーションの原動力とするかって話ですが
…そんなもんは、自分しだいでどうにでもなるのだと!(笑)
そんな風に思ってニヤリと笑って今日も生きる、オンナの私。
ふふふーん♪



そんな私の先日の徹夜のオトモは、下のCDでした。

Mutter
Mutter
RAMMSTEIN

なんでラムシュタインなんですか!ってカンジですが。
ってまぁ、1曲だけこのアルバムの中から聴きたいのがあって
夜中にいてもたってもいられず深夜にネットつないで
iTunes Music Storeで150円でダウンロード(笑って)
…「Feuer frei」(フォイヤ・フロイ)っていう曲を。
(↓iTunesをお持ちの方の、iTMSへの試聴直リンはこれ。
曲目の中から選んで「再生」ボタンを押すと、
お手持ちのパソコンのiTunesで30秒間の試聴ができます)
Feuer frei

映画「トリプルX」の主題歌になったやつで
ドイツ語でハードにドカドカと、テンポも速いです。

ぜんっぜん、オトメじゃないじゃんよ!!(自分ツッコミ)
でも、これ聴くとテンション上がるので
それで一晩頑張れてしまいました。この1曲でマジ。
ジャケットも新生児のどアップだし…
ここまで書いてきたことの説得力がないのですが;;ああー
ちなみに「Mutter」(ムッター)っていうのは「母親」の意。
なんでアルバムタイトルが「母ちゃん」なのかは、おいおい調べよう…。


いかついロック好きでも、所詮オンナはどこまでいっても女です。
心はオンナでも、乙女でも、日々は強気で前に進まねばならんのだよ。
っていうことが言いたいのだが、書けたのかな?(笑)

でもまぁ、3つそれぞれホントに最高なのでヨロシクです。

2006.01.16 Monday 22:47 | comments(2) | trackbacks(0) | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

そしてまだ読むのか!

2006.01.11 Wednesday 01:44
[ COMICS ]
花とみつばち (1)
花とみつばち (1)
安野 モヨコ


昨日に引き続き、安野作品を買ってしまいました。
花とみつばち…ってコレ、ヤンマガに連載されてたんですかぁ!!
いやー、女子が読んでも全然違和感ないテンションなんですけど
「とにかく女子にモテたい!」と必死に奮闘する
七転び八起きな主人公・小松くんが笑えます。
ハラハラなのですが、もうホント笑えないくらい。
っていうか、彼の同級生・山田を角材で殴りたくなった(笑)
いやーー、困ったやつだと読みながら思っていたのですが
3巻で山田はとんでもないコトになるのですよ…。
このへんのハチャメチャぶりが
昨日シビアな「さくらん」を読んだ私には
「はへっ?」ってカンジだったのですが…うむうむ。
で、適度にエロいのは青年誌ゆえご愛嬌、なのかしらん…凹
でもなんか読み出すと面白いですね。
引き続き、女心の参考書としてもどうでしょう?ってカンジで。
そうそう、1巻に出てくるエステのお兄さんたち、すげーおかしいです。
こういうキャラの人たちがマンガに出てくるとニヤリ。
もとからコメディー系大好きなので。


っていうか、行った本屋に3巻までしかなかったので
4巻以降が今日まだ読めてないのですがーーー(泣)
日々の合間を縫って、電車の中ででも続きを読み進めたいです。
ちょうど私が彼らと同年代だった頃のマンガみたいで
どーも読んでて懐かしかったりもするんだけど、
あたしの高校はおっそろしく山奥だったので、
渋谷近郊で華やかなこのマンガの世界とは
なんかちょっと違う高校時代だったなと、
あえてギャップを楽しんで読んでます。

さて、どうなるんだこの続き。
つーか、山田になんか負けるんじゃねーぞ、小松くん!?(笑)
2006.01.11 Wednesday 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

今年の小さな野望

2006.01.09 Monday 21:19
[ COMICS ]
監督不行届
監督不行届
安野 モヨコ

「働きマン」も過去の記事に書いたし
「美人画報」もこの記事に書いたし
なのですが、はじめて読んだ安野作品は上のヤツ。
まぁ、この本の話は後々どっかで書きたいのですが
装丁が完全にエヴァンゲリオン意識してる段階で、もうもう(笑)
いや、この作品は最高ですよマジ。
この一冊で、私は「愛」ってもんを再び学びましたよ!!
いや、けっこう本気でね…。(笑)

ってなわけで、安野作品を片っ端から昨年より読みふけってますが
あーーー読みたいのいっぱいあるーー。
そんなわけで今年はコツコツ集めていこうと思います。
安野作品は気が強くてタフな女の子がイッパイ出てくるので、
なんか読んでて、ますますガッツが出てくる私です。
いやーー、コレはいいのですよマジ。あつめるぞーー
っていう、ひそやかな野望を抱く2006年。
え、ちっちゃい?…いや、野望はまだまだありますけど(笑)
で、アタマの中で某「欲望男のテーマ」が鳴ってるのはなぜだ。まぁいい。

さくらん
さくらん
安野 モヨコ

↑でもって本日、やっと買ってきたのはコレ。
江戸時代の吉原ですよ、舞台(爆)うひゃーーー。
なかなか、「大奥」ばり?に凄いです。
でもでも、すっごい引き込まれていくのですなー。
もともと男性誌(イブニング)で連載されてたようです。
男が社会で戦ってるのは、よく知ってます。けれども
オンナにもオンナなりの生き方があり、それぞれ社会で戦ってるのです。
そーれを描かせたら、安野さんはホントに素晴らしいのですよ!
女心を真に学びたい男性陣は、「R25」と一緒にどうぞ(笑)
(※「R25」…リクルートが発行するフリマガ。有名だけど念の為)
第二部もイブニングで連載中だって。早くKC化しないかなー♪

…オンエアバトル見てて中断してたんだけど、続き読まなきゃ。(笑)
いやーー、三拍子がオンエアになったので嬉しいな。
高倉さんの隠れファンも、もうすぐ4年になるしね…。



ちなみにこの3連休でやっと、6日OAだった笑金スペシャルも見たよ。
(↑帰宅がOAに間に合わなかったから、ビデオで録画してまで見たアホ)
「オバケのQきゅうしゃーーー♪」(by ペナルティのワッキー)を
江頭氏がワンミニッツショーでパクッたのが発端になって、
結果的にスタジオにいた全員であのネタで踊ってた光景が
なんか異様に可笑しくて、ずっと笑ってました。
「うろたう湯」のドッキリも可笑しくて仕方なかったけど(笑)
いやー、あれは面白かったです。
以上、余談でした。
2006.01.09 Monday 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

GO FOREWORD, DON'T STAY

2005.12.04 Sunday 22:03
[ COMICS ]
働きマン (1)
働きマン (1)
安野 モヨコ

昨日買ってきたマンガは、これです。
安野モヨコを揃えよう計画、地味に発動ぎみです。(笑)
彼女の作品で有名なのだと、稲森いずみ主演でドラマ化された
「ハッピー・マニア」なんかがあるわけですが
私個人は「美人画報」あたりから入ったので
まだまだ集めたいのがいっぱいあるのですが
…面白い!っていうか、さすが安野さんです。かっこいー
絵柄で好き嫌いが生じそうですけど、
実はコレってモーニングKCから出てて、男性誌の連載だそうです。
ってなわけで、“本来は”男性向けなわけですが…
おもっしろい!つーか、もう、共感しまくりです。
作者の安野さん自身が非常に意志の強い女性なのですが
もーー、人物描写がすっごい面白いの。
ある週刊誌の編集部とその出版社、そこで働く人の関係者たちを中心に
「みんな何を考えて働いてるのか」っていう群像劇なのですが
いるいる、こういうヤツ!!とか
あるある、こういうこと!!とか
ついつい一気に全部読んでしまいました。
ひとりひとりの描写がすごくリアル(笑)
てか、「ワンセクションで最低1つ得るものがある」っていうのは
やっぱ安野作品の醍醐味ですね。この作家さんは凄い。
エッセイ(ex.「美人画報」)でも、漫画でも変わりなく。
主人公は松方弘子っていう、編集部の女の子なんだけど
もう、人間関係がリアルでリアルで。
弘子は疲れたらフツーにマッサージ行くし、締め切りでへばるし、
恋もするし、怒ったりもするし、悩むしへこむし
でも、すっごいガッツで仕事してくんですよ。
気の強い女の子なんで敵も多いんですが、
そんな彼女と上司とのやりとりとかもすげー染みる。
たぶん、おっとりタイプの人が読むと
「えーー、この女なんでこんなガツガツしてんのさ?」って
絶対考えると思うのですが
彼女と違うタイプの女の子もいっぱい出てくるので
そんな中で互いに刺激しあってるのもステキです。
「うわぁ松方ちゃん、かっこいいいいーーーー!!!!!」
私はイッキ読みしながら、5回ぐらいつぶやきました。(笑)
…けっこう私は松方ちゃんとタイプとしては似てると思うので
アドレナリン?出しながら読んでました。
3巻は来年の春に出るんだって…うわー、早く読みたい。
ホント学ぶものが多いマンガです。前向きに強くなれるっていうか
たぶん強いっていうのは、こういうのを言うのでしょう!
…でもホントに、人がいっぱい出てくるマンガばっか好きになるな私。

今日いちばん感動した言葉。
「1m横に進むより、30cm前に進め」
うおおおっ、マジそのとーり!って思ったテレビの前の私。
「前へ」って言葉が周囲に溢れてる生活圏なんだけど
あわせて「働きマン」を読んでしまったので余計に(笑) 
前に進むってだいじなことっすよ。
そう思った私の脳内では
LINKIN PARKの「FOREWORD」の破壊音が鳴り響いてたのですが(笑)
そうそう、前に進むってのはどんな時でも大事ですね。
井上雄彦のマンガでも、よく書かれてますけど。
そういうのがどうも好きみたい。


Meteora
Meteora
2005.12.04 Sunday 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

元気してますよ?

2005.11.22 Tuesday 00:45
[ COMICS ]
こんばんは、元気っちゃー元気にしてますです。
ビール飲んでパソコンに向かっております(笑)ふんふふーん。

リアル 5 (5)
リアル 5 (5)
井上 雄彦

相変わらずマンガもマジメな本も読んでるのですが
やっと「リアル」が出たのでウキウキで買ってきました。
ちなみに発売前日に地元某所でフライング購入だったのですが。
…1年に1冊ペースなんだよな?これって。
4巻を読んだのがつい最近のようにも思えるのだけど
いろいろ考えてみると、1年たってたみたい。
コレの連載が始まったころって私はまだ10代で
ちょうどマンガの中の彼らとあんま年は変わらなくて親しみがあったのだけど
気付いたら彼らよりもお姉さんになってしまってたので(年がバレる?)
なんかまだ10代の彼らが時折うらやましいです。
でもさ、ゆっくりゆっくり、彼らはそれぞれの日々を歩んでるんだよね。
決してそれぞれ、穏やかじゃないんだけど。
今回の表紙は、その中でも一番心配になってくる(笑)、野宮くん。
電車でコレの中吊り広告を見たとき一瞬、
NICKの陣くんに見えた私は重症です。
(そういや、三鷹ROCKSって女子禁制なんですってね。うわわーん)

でもさぁ、野宮くんってさ、心配ではあるけど
彼は偉いと思うんだよね、見てると。
「加害者」っていう、実際ヘヴィな現実をきちんと受け止めて
彼なりのペースではあるけど、きちんと立ち向かって前に進んでる。
けっこう周囲に見下されてるけど、頑張ってるよね。
一番ハラハラするけど、芯は強い。
妹と「野宮くんは大丈夫なのか!」と読むと会話になるのだけど
彼の成長が今後とっても楽しみだったりします。
居場所をみつけられるよう、祈ってたり(笑)もう大丈夫なのかな?
がんばれよー、がんばれよー、野宮!!
ところで、けっこう好みだった勝田くんの再登場はないのかな。
次から次へと好きなキャラが出てくるのが井上作品のダイゴミですが
この「リアル」は読むたびに学ぶものがあるのだなー。
いっつも励まされるのですよ!不思議とね。
前に塾講師をしていたときに、生徒と
「ホントにリアルはいいよね」って話をしてたのだけど
いいものって年代関係なくシェアできると思うのですよ。
これ読んで「いい!」って泣ける人とは、たぶん友達になれると思う。
たぶん同じツボもってる(笑)
まぁ、井上さんの作品って、ホントにステキなんですけどね。
私はスラムダンクも、カメレオン・ジェイルも、バガボンドも好きだし。
ついつい、ちまちまとマンガには出費しがちです。
やっぱ最近は安野モヨコがどっかり読みたいのだが(読み始めてるのだが)
そんなにマンガばっかに出費もできないしなー。

今日はタワレコに寄ろうと思ったのだけど力尽きて(笑)
けっきょく自宅近くのスーパーでビールと寿司買って帰った私…。
(近所のスーパーの寿司売り場の握りは、21時を過ぎると安くなる!)
勢いで、ほぼ一気に酒を飲み干したのですが
「とれたてホップ 一番搾り」マジうめーっす!!
ビールは祖父(たぶん酒豪)の影響で、キリン派です。やっぱ一番絞り。
飲みたいときに飲みたい酒を、軽くひっかけるくらいがいいですね。
どっかり飲むときもありますが、肌も大事にしたいです。
最近、肌の調子がよいので特に(笑)

ところで、先日ここに書いたゆず茶なんだけど
下北沢ではカルディだけならず、向かいのサンドラッグにもあった。
どうも某ヨンジュン様が、映画かなんかで飲んでたらしい…(笑)
それをネタに売れてるのかどうかは知らないが
カルディのゆず茶セールは終了してしまっていた。がーん。
主婦の皆様が、ヨン様を思って飲んでるのでしょうか…
私は朝の目覚ましとか、景気づけとかなんですけど。
どっちかってと、お笑いコンビ「ハロ」の偽ヨンジュンのほうが
最近は気になる私です…笑顔がにこやかなのよね。
先週末は珍しく自宅にいがちだったので「エンタの神様」を見たのだけど
久々にダイノジが見れたので、ちょっと嬉しかった。
にしても、世間にはゆず茶ブームがきてるのかどうか?
個人的には「生協の白石さん」ブームがずっと継続してるのだけど。(笑)

明日は冬ソナのテーマでも歌いながら、ユズ茶を飲もうかと思います。

2005.11.22 Tuesday 00:45 | comments(1) | trackbacks(0) | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

本日の購入

2005.11.12 Saturday 01:02
[ COMICS ]
美人画報
美人画報
安野 モヨコ

最近、安野モヨコが気になります。
ふとしたことで読み始めたのですが
そして、その理由はそのうち記事にしようと思うのですが
今日は、コレを買ってきました。
まだ読みかけなのですが、早く全部読みたいです。
「ハッピーマニア」といい「働きマン」といい、
安野さんは他の作品もそうだと思うのですが
タッチが独特なマンガ家さんなんですけど、センスもいい。
そして、読むと何か得るものがあるんですよね。
自分の見落としてたこととか、目からウロコがおちるような。
1セクションにひとつ、私は何か発見があるような…
私も彼女の全作品が読めてるわけではないんですけど
まだ学べるものがあるなら、もっといっぱい読みたいです。
ひとまず女の子なんで(笑)、文庫になってる「美人画報」を
これから電車でちまちまと読もうかと思っています。

今日は下北沢で久々に買い物をしました。
すごくステキなスニーカーを、すごく安く買えました。
うーれしーいなー(笑)
そんな小さなこと?が嬉しい今日でした。
2005.11.12 Saturday 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  
 | 1 / 2 PAGES | >>