<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2009.02.08 Sunday 
[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.02.08 Sunday  | - | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

mixiニュースに

2008.03.04 Tuesday 19:21
mixiニュースに
我らがOBLIVION DUSTの記事を発見。。。

◆オブリヴィオンダスト、映像がインターネット上に流出?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=421735&media_id=51

まぁ、元ネタはBARKSなのですが
慌ててBARKS飛びました。写真がかっこいーー!!
レポとか全然書けてないのですが(繁忙期突入中凹)
思い出がよみがえってきました。BARKSさんアリガトウ(笑)


ってなわけで、走り書きでスミマセン。
近いうちにまた…(よろよろ)
2008.03.04 Tuesday 19:21 | comments(2) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

超きゅんきゅんモード、展開中。

2008.01.09 Wednesday 13:33
久しぶりにテレビの話でも書いてみます。
昨年は年末まで、ゆっくりテレビを見る機会も少なかったのですが
アサヒスーパードライのTVCM曲といえば
私の大好きなHoobastankの「Just one」だったのですが
新年になって、どうやらCM曲が変わったようです。

Bleed American
Bleed American
Jimmy Eat World

どういう選曲基準なのか、知りませんが
今回採用されたのは、6年も前にCDリリースされている
Jimmy Eat Worldの「Sweetness」!!!
(上記のアルバムに収録されています)
なぜ今さら、この曲!?と個人的には思ったりもするのですが
ここ数年来の洋楽エモブームの火付け役になった曲として
本国アメリカだけならず、イギリスでもヒットしてた記憶があり
洋楽ロックファンには余りにおなじみの曲(だよね?)。
ただし、ロックファン以外にはイマイチ浸透度の低い曲でもあるので
ジミーを知らないお茶の間にこの曲が流れることに関して
私は個人的ではありますが、非常に嬉しく思っています。

っていうか、お正月を実家でさんざくた寝正月したんですが
父親がリビングでボーーーッとテレビを見ている光景に
♪ウォーオーオ、オウオー と、泣きのメロディが入り
非常に私は驚いたのが始まりなのですが。
「ジミーだ!ジミーだ!」と
なんのことやらキョトンとしてる、父親の前で
余りにもこの曲が好きすぎる為
CMで流れただけでも泣きそうになってるこの私が。。
「エモい」の元祖にして、やっぱこの曲は最強だと
改めて思ったりするんですけど
…すごいね、6年とか経ってる気がするのに。
ちっとも色あせてないっていうか
CMに使ってもインパクトあるっていうかさ。
そのことに、やたら感動してしまったお正月でした。
年明けから若干経ちましたが
いまだにCMで流れる度に、一緒に歌いそうになるほど
…やっぱ好きな曲は好きなんだなーと
改めて思ったりしてます。

余談だけど、KEN LLOYD氏はけっこうジミー好きのようで
彼のFAKE?のライブの前に、ジミーは時々かかっていたような。
アサヒスーパードライは、MTVとかCS限定のCMでも
ジミーの別の曲を使っていたりした記憶があるので
(それは別のアルバムの曲だったと思います)
CM関係者に、たぶんファンがいるんだろうなーとか
見る側の私としては、色々と妄想してるとこです(おいおい)。

さて、閑話休題。
続々と配信リリースされている、OBLIVION DUSTの復活シングル
…三部作完結編っていうと、なんだかスターウォーズのようですが(笑)
昨夜より、「Never Ending」の配信も開始いたしました。
なんか、でっかいフサフサの犬が出てきそうなタイトルですが
…ああ!だからPVにあんなでっかい子が出てくるのか!!(たぶん違う)
ちなみにそのPVも、同じくiTunes Music Store(iTMS)で配信開始。
シングルを買おうと、今朝寝起きにパソコンでiTMSを開けたら
「なんだよ、PVもあんのかい!」
ってなわけで、ソッコーでダウンロード(爆)
エイベックスさん、つくづく商売がお上手です。。(あは)
でもこれで通勤中にこの曲をPVつきで聴けるのですね!幸せです。
てゆーかiTMS、オブリのPVが全曲DL可能になってるので
ホント、ファンには嬉しい悲鳴っていうか。
オフィシャルにインポートできるってのは、非常にいいと思います。
なにより、超めんどくさがりの私にとっては
手順が非常にスマートで済むので。(笑)

さて、勤務シフトの関係で
正月ボケが軌道修正されだしたとたんに、また休みが。。
まぁ、職業柄ちょうど仕事が閑散期なので、
昨年末までの修羅場を考えれば、ちょうどいいのですが(笑)
ってなわけで、今日はお休みです。
これから妹と六本木にBLUE MAN GROUPを観に行ってきます!!
早めにチケットを確保していたので、席も良い位置みたいで
サマソニ以来、半年振りに彼らの爆笑ステージが見れるので
とても今からウキウキしています。
彼らを見たこと無い方は、タワレコでDVDなんかも売ってますし
(っていうかyoutubeに動画もいっぱいあるし…)
是非一度見てみてください。楽しいですよ。
では、行ってまいります。

【追伸】
「音楽と人」、フライングで渋谷タワレコで7日に買ったのですが
最初の見開きのカラー2ページを見た瞬間
「あ、この木はたぶんクスノキだ…」と、当ててしまい
…おぬしはトトロかい(苦笑)と、自分にツッコミを入れた
元花屋バイトな私でした。
学生の頃だったら、間違いなく水彩画の課題の題材にしたよな…
と、このページに関しては思います。
木の葉の淡いカンジを描くのが、ちょっとむずかしそうだけど(笑)
学生の頃は右腕がおかしくなるくらい、絵を描いたこともあったので
(今の仕事でもデザインで絵は描くのですが、そこまでにはならない)
最近また、時間出来たら絵を描きたいなーーとか
ぼんやりと考えてる私だったりします。
今年の小さな野望ですね(笑)…ではまた。



JUGEMテーマ:音楽
2008.01.09 Wednesday 13:33 | comments(0) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

小さくカウントダウン中。

2007.08.04 Saturday 00:26
From Them, Through Us, To You
From Them, Through Us, To You
Madina Lake

ようやく自宅にサマソニのチケットも届いた今週。
(仕事が不規則な生活なので、もっぱらイープラスを愛用する私…)
さて、そろそろタイムテーブルでも頭の中でくんでみるかーと
サイトを見て…とりあえず東京の初日は過密になりそうで(汗)
逆に2日目はゆるーく予定を組んで、何を見ようか考えていたら
どうやら彼ら↑が見れそうなので、予習がてら購入。
レーベルがお馴染み・ロードランナーなんですが、なかなか爽やか系。
双子のかわいい好青年メンバーズが見てみたいわーー(完全にアネゴの心境)。
当日までにちまちま聴いて、馴染んでおこうと思います。
でもまぁ、予定は未定なんですけど…
どうしようかな、今年のサマソニは。。。
たぶん初日は山に居座ると思うけど(爆)ジャレッドおおお。  



Under the Silver of Machines
Under the Silver of Machines
Last Winter

で、コレはジャケに惹かれてタワレコで試聴したのですが↑
(グラフィックアート好きなので、ついついジャケが気になる私。)
今年、発掘気分で買ってきた幾つものCDの中でも
エモい系(そんな言葉あるのか)として最も聴きやすい部類で、
なおかつ疾走感があって、爽やかです。夏向け…って感じかな。
でもキャッチーで、意外と所々にフックがあるかんじ。
ツルッと、そうめんのように喉ごしが軽やかなカンジです。
夏のドライブなんかのBGMにも、聴きやすくてよさそうなカンジ!
もうちょっと引っ掛かりがあってもいいように思いますが
まぁ、光るもんはあるので今後に期待しましょう(偉そうでスミマセン)
輸入盤で見つけてきたのですが
「マイケミやFALL OUT BOYが好きな人向け!!」
って、英語でデカデカと書かれたステッカーが貼ってあるのですよ。
…どっちにも似てない気がしたんだけどな?(笑)
強いて言うならFALL OUT BOYのファンは、確かに好きかもだけど。
あ、FOBもサマソニ出るんでした。彼らも楽しみ…(脱線中)

ってなわけで、あと1週間ですね。
オレゴムも買ったし、なんだかんだ楽しみだなぁー
今年はフジにも行きたかったんだけど。
サマソニは自宅から手軽に行けるカンジがついついなー(苦笑)
そんなこと言いながら、今年も楽しんでると思います。
お会いできます方は、どうぞよろしくお願いいたします。

では、また近いうちにお会いしましょう。
私は明日も仕事なので、今日はこのへんで。ノシ
2007.08.04 Saturday 00:26 | comments(0) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

Foto und CD

2007.07.25 Wednesday 22:06




東京は昨日から、一気に日差しが夏っぽくなりました。
今日は仕事が休みだったはずなのですが
諸事情で朝から現場に行くことになり
現場で仕事を済ませた後は、お休みにさせてもらいました。
先日デジカメを買ったので、せっかくなので持参して外出。
今日だけで60枚くらい撮影したのですが、
その中からちょっと載せてみました。いかがでしょうか…
写真に関しては、ズブの素人なんですが(苦笑)。
まず1枚目は、表参道のケヤキ。
ここのケヤキは専門家がガンマ線で検査すると、
幹の中央が空洞になって、スカスカになってて
けっこう健康状態はよくないという話を聞いたことがあるのですが
そんな様子は素人の私には、見た目によくわからないです。
ケヤキの枝ぶりってのが子供の頃からすごく好きで、
いつもいつもここに来ると、つい上を向いて眺めてしまいます。
もう1枚は朝、仕事帰りに世田谷の住宅街で見つけたネコちゃん。
日陰を見つけてコンクリートで体を冷やしながらお昼寝中。
暑さで顔がかなりしんどうそうです(笑)。
こういう、たわいもないような写真を
こっそりと撮るのがけっこう好きだったりします。

で、写真を撮りながら表参道〜渋谷間を久々にゆっくり歩いて
そしてタワレコに寄って、サクッと買い物して帰りました。
あ…ケミカルズの新作買うの忘れた。凹
もうiTMSで買ってしまおうかな…。。。。。
本日のお買い上げはこちら。↓

All the Best Songs
All the Best Songs
No Use for a Name

FATレーベルのCDを買ったのは、いつぶりだろう。
ファンの多いNUFMのベスト盤。なんと驚愕の26曲入り!!!
しかも、これで1400円切ってたんですが、タワレコ…
キッズ涙モノのお値段です。
内容は…うん、FATのアーティストだなぁ(笑)パンクっぽい。
なかなかNUFMは買えずにいたので、
こうしてベストで安く手に入ったのはありがたいです。
おいしいとこどり、って感じが嬉しい。
これは買った人も多いんじゃないかなぁ。

Paper Walls
Paper Walls
Yellowcard

なんだかんだ好きな、YCのメジャー3枚目。
1作目のインパクトが強烈すぎて、私は2ndが若干物足りなかったんですが
(いやでも、好きなアルバムではあるんですよ)
2枚を経て、今作でいい具合に着地点を見つけたように思います。
アーティスト写真を見て、
別人のように髪が長くなってたショーンにびっくり!!!
いやー、Hoobastankのダグと勝負が出来るくらい
見事に日本人顔なのを再実感したんですけど。(笑)
またショーンのロックなバイオリン弾きが見たいなぁと思ってたら
フジロックで来日するんですね…仕事で行けないってば(泣)
てか、今年のフジロックはサマソニへの逆襲にしか思えん。。
去年のサマソニメンツがごっそり再来日するので
…そんなフジにも私はびっくりしてるんですけど
おーい、サマソニも負けるんじゃないぞ(苦笑)。
私は6年連続で今年もサマソニです。
いや、フジも行きたいですけどね…仕事という罠が。。。。


Live in Texas
Live in Texas
Linkin Park

↑実は買いそびれていたので、ようやく購入。
いやーー、やっと買えたーー。
リンキンファンのくせに遅くてスミマセン。。
やっぱいいですね、リンキン。11月の来日が楽しみです。
DVDは時間を見つけて見るつもりで、
とりあえずCDはiPodにインポート。超スッキリ…
いやー、ここ2年以上のモヤモヤが晴れました(泣)やれやれ。


Fables from a Mayfly: What I Tell You Three Times Is True
Fables from a Mayfly: What I Tell You Three Times Is True
Fair to Midland

↑久々に「見つけてしまった…」って感じのバンド。
ヘンです。何かがヘンです。このバンド。
最近のバンドで、強いて言えば何が近いかというと
上のLINKIN PARKと何かと比較される若手バンド・FALLING UPかな…
いやでも、それは部分的なものであって、こいつらは
FALLING UPみたいに琴線を鳴らすみたいなピアノが入ってたと思えば
裏切るみたいなゴリゴリのリフが突っ込んできたりするので
かなりわけわかりません。が、聴き出すと止まりません。
たとえば、FALLING UPが好きな人は要チェックです。
流行りモノ以外で面白いものが聴いてみたい、って方は
ちょっと試聴してみると意外とハマる…かもしれません。
なんかね、久々に試聴機をオンにした瞬間
「わ、これおもしれーー!」って思いました。
なんか最近は、誰のフォロワーなのかがすぐわかってしまって
食傷ちっくになって買うのを止めてしまうCDが多い中
コレは「あ、自分たちのやりたいことやってるな」というか。
売れ線狙いとかではないですが
いい具合に時代を咀嚼して消化して吐き出して、
自分たちなりのモダンロック、ってのを提示できてる。
試聴機のすみっこにありましたが、鈍く光を放つ感じで…
万人ウケするとは限らない音だと思いますが
ゆるくも、入り込んでも聴けるような、こういう音が
個人的にはけっこう好きだったりしています。
いやーー、しかし不思議だ。ジャケのイラストも不可解だし(苦笑)
ファンタジー仕上げだとしても、かなりブラックな匂いがするし
…眺めているとかなり気になってきますね。
怪しいよなぁ。ついついこうして文章も長くなるし。。
「オレがキミに三度言ったことは真実で」とか書いてある
CDのサブタイトルも…なんやねん、って感じだし。
気になるよーーー、なんだよこれーーー。
まぁ、聴きこんでみようと思います。
かなり不思議ですが、既にスルメの匂いがしています。
メロディもけっこうキレイだし、歌唱力もあるし…??
うーん、うーん。


以上、本日のお買い上げリストでした。
バーゲンでも散財したし…ああ、しかし今日はよく歩いた。
そして明日からまた仕事です。今週の休みは今日だけです。
今度週休2日もらったら…あーーそーーーぶーーーぞぉーーーーー。

野望をつぶやいたところで(笑)、本日はこのへんで。
お付き合いアリガトウゴザイマシタ。ノシ
2007.07.25 Wednesday 22:06 | comments(0) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

Revolverheld、ふたたび。

2007.06.16 Saturday 01:28


どうもご無沙汰しています、すみません。
仕事がようやくひと区切りついたので、久々の更新です。

さて、たまたま今日ネットを彷徨っていたら
以前このブログで紹介したドイツのバンド・Revolverheldが
どうやら今週、本国で新譜(2ndアルバム)を出していたようです。
タイトルは「Chaostheorie」…Chaos theoryのドイツ語読み。
こちらのバンド公式サイトで一部の楽曲は試聴が可能なのですが
うーん、今回もなかなか出来はよさそうです。CD欲しいなー
サイトを読む限り、本国でもなかなか好評の模様。
デビュー盤は昨年、旅行先のベルリンで買ってきたのですが
んー、こう仕事が忙しいとベルリンに行ってるわけにもいかないし(笑)
…タワレコで個別取り寄せが可能か、直談判してみよう。
ちなみにお値段、ドイツ版アマゾンにて14ユーロ95セント。
ユーロの為替相場とか、久々に気になってきました。
よし、近々タワレコに泣きついてみよう。(苦笑)
買うことが出来たら、続報を報告させていただきたいと思います。

ちなみに上の画像は、公式サイトにてフリーダウンロードしてきたもの。
元々は壁紙用のフリー画像なんですが、なんか彼ららしい。
あー、一度でいいから彼らのライブを日本で見たい!!
招聘してくれる人がいないもんなんでしょうか。待ってます。

気づいたら、先月の30STM以降、ライブもご無沙汰していたので
そろそろライブに行きたいなーとか思っている今日この頃
…って、FAKE?のリキッドルーム恵比寿まで、あと10日なんですね!
ライブじたい約2ヶ月ぶりなので、かなり楽しみです。
踊りまくりたいと思います♪
こんなにライブのブランクが開いたのは、久々だ…。
お会い出来る皆様、どうぞ宜しくお願い致します☆
こんなヤツですが、どうかまた仲良くしてやって下さい。

それではまた、近いうちに更新します。ではでは…。


2007.06.16 Saturday 01:28 | comments(0) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

INTO OBLIVION : 忘却の彼方へ

2007.05.23 Wednesday 00:16
Tales Don't Tell Themselves
Tales Don't Tell Themselves
Funeral for a Friend

Lies for the Liars
Lies for the Liars
The Used

本日の購入アイテム。
予告どおり買ってきましたよー!!(きゃーきゃー)
FFAFは前作がホント大好きだったんですけど
(女の子が防弾チョッキ着てる、あのジャケットの奴です・笑)
…もう、前作のリリースから2年も経ってたんだね。
この2年間は個人的にあっと言う間でした。。
その間に前作はどれだけ聴いたかわかりませんが
最新作は、疾走感に溢れた前作と比べると
重厚感を持たせ、じんわり聴かせる要素が増えてます。
相変わらずいいバンドです!1stからその片鱗はあったけど。
何よりまず、1曲目の「INTO OBLIVION」は秀逸。
これだけでも個人的には買おうと思いました。
キレイな曲ですが、歌詞はなかなか悲しいです
(聴きながら耳で拾っただけで歌詞カードは読んでないですけど)。
元々彼らはスクリーモの立役者として有名なんですが
彼らを世に知らしめた名曲「Juneau」(ジュナウ)も
そもそもミディアムテンポの聴かせる要素の強い曲です。
スピードと疾走感のある演奏を得意にしながらも
前作も「Sonny」のような曲でどっしりとアルバム本編をシメていたので
ある意味では「本領発揮」な1枚です。
彼らの走る音を期待してると、ちょっと「アレ?」って気もしますが
ちょっと大人っぽい雰囲気で、これはこれで非常にとっつきよいです。
エモとかスクリーモのファンでない人にも支持される予感がします。
あー、待ってたんだよな、嬉しいな。
また来日してくれれば、FFAFは完璧だ(笑)

THE USEDは、相変わらず走ってます。
前作よりも音の作りが凝ってるように思います。
どこがどうってのは、まだ聴きこめてないのでなんともですが
これはライブで見てみたい!と思いました。かっこいいです。
こちらも前作とも若干雰囲気が違うのですが
MY CHEMICAL ROMANCEの最新作なんかがお好きな方は
(元々けっこうマイケミとユーズドって層がカブってましたが)
もしユーズドをご存知でなければ、今作はとっつきやすいかも?
すげードラマティックなあたりに、何か通じるものを感じます。
あとは…PAPA ROACHとかも、聴いてると通じるものを感じます。
THE USEDにも、大物クラスの風格が出てきたってことでしょうか。
いや、元々じゅうぶん売れてますけど。(笑)

ってなわけで、定番アイテム的なものを押さえてしまったんで
そろそろ久々に、掘り出し物漁りをしたいなぁ…
相変わらずタワレコは大好きです。




あ、実は一昨日、Nine Inch Nailsを見に行ったのですが
FAKE?ファンの友達にいっぱい会ってしまい、大爆笑でした。
ライブじたいもすげー良かったです!
トレント兄さんかっこよすぎました。
仕事もそれなりにありますが、いいライブにはやっぱ行きたいですね。
今週中にサマソニのチケットも押さえたいと思います。

今日付けで、ちょっと自宅のネット環境が改善されたので
最近滞りがちだったブログですが、
もうちょっと更新できるようになるかと思います。
こんな好き勝手なこと書いたページですが
もしよければ今後もご覧頂けますと嬉しいです。


あーー、こいつら(上記2枚)予想以上にいいかも。
両方、いい意味で予想を裏切ってもいるので
これからじっくり聴きこんでみようと思います。
2007.05.23 Wednesday 00:16 | comments(2) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

買ったものをひたすら並べる…

2007.05.15 Tuesday 22:39
仕事を早く切り上げて、渋谷タワレコに。
(帰れる時は早く帰ろうと努力します)
本日のお買い上げは、ひとまず2枚。

It Won't Be Soon Before Long
It Won't Be Soon Before Long
Maroon 5

↑買ってきました、MAROON5の2nd!!
前作から…そうか、もう2年も経ってたのか。。
1stが売れるのに2年かかったので、
彼らとしては4年ぶりのアルバムになるようです。
ずいぶんと前作に比べ、ダンサンブルな気もしますが
相変わらず彼らの上品で美しいカンジは相変わらずです。
あーー、ライブ行きたいなー。でも休めなさそうだし。。
だらだらとiTunesにこいつを入れながら記事を書いてますが
ぐおーーー、相変わらず涙腺を刺激する。よよよよよよ(涙)
やべーやべー、Won't go home without youがマジ泣けるー。

そして真打ち、待ちわびた…LINKIN PARKの、こちらも新譜。

Minutes to Midnight
Minutes to Midnight
Linkin Park

完成目前にハーン氏のHDDが壊れたとかいう理由で
当初11月の発売予定だったのが、半年遅れ?で到着。
チェスターが歌えば、一気にその世界に引きずり込まれるのですが
昨年夏のサマソニで新曲を聴いて、
「次はこれまでよりハードロック寄りになりそうだ」と予測してたのだが
その予測はある意味で、間違ってなかったなと、
冒頭のGiven Upを聴いた瞬間に確信した。
こういうアプローチを、リンキンがする日が来るなんて
HYBRID THEORYのリリース当時には思わなかったな。
あの頃はミクスチャーとか、ラップメタルの残り香が
シーン全体にまだプンプンしてたからね…。
時代が微妙に変わったっていうのを、私は改めて
このアルバムを聴いて強く感じることになった。
でも、リンキンはリンキンなんだよね。
彼らのカラーってのは、やっぱあるんだよな。
アプローチの手法が作品ごとに違うけど。
しかし、やっぱチェスターは凄いね。
なんていうか、彼が歌った瞬間に、空気が変わるというか。
そして、世相のせいなのか
歌詞に時折「Fuckin'」ってのが挟まれてるのも
今回は前作までと違うような…。
それにしても、今作品は
非常にいい意味で、これまでと違う。
メロディアスだから、より飽きずに聴けそうだ。
しかもそのメロディが、群を抜いて美しい。
Shadow of the dayなんて、U2みたいだもん。
これまでのリンキンなら、こんな曲は作らなかったけど
…今まで以上に「ロックバンド」らしい作品かもしれない。
かつ、デビュー当初からのドラマティックな雰囲気は保っていて
言葉を失った。やっぱり彼らは凄いと。
早くまた、来日してくれないかなぁ。
…動くハーンが見たいから、DVDつきも欲しいなぁ。(笑)
入荷を気長に待ちたいと思います。
あー、やっぱWhat I've doneいいなぁ。
これが一番「(今までの)リンキンっぽい」かもなぁ。
全体を聴くと、またちょっと違うかもしれない。
でも、これはホントにいいアルバムだ。
MAROON5とはまた違った音色で、本当に凄い。
No more sorrowとか、かっこよすぎる…。。。

そうか、今回は前作までのドン・ギルモアじゃなくって
リック・ルービンがマイクと共同プロデューサーなのか。
だからちょっと毛色が違うのか。なるほど…
(CDのジャケットを眺めて、今頃気づいた。トホホ)


あとはGW前後にまとめて買ったCDを、駆け足で紹介。


Devils & Angels
Devils & Angels
MELEE

Life in Cartoon Motion
Life in Cartoon Motion
Mika

上の2枚はけっこうポップなんですが
メロディがキレイで、とても癒されます。
気分も明るくなりますし。
ってか、この2組は歌がうますぎるんですよ。
特にMika…ファルセット含め、高音域が神レベル!
本気ですげーと思った。
Mikaは初めて聴いた時、クイーンかと思ったんだけど
声質がちょっとフレディ・マーキュリーに似てます。
MELEEはジャケ買いみたいなとこもあったのですが
これは大当たりでした。聴きやすいー。
ゆるゆる電車に乗りながら、この2枚はよく聴いてます。

あとの3枚は、ライブ予習を兼ねて購入。

Year Zero
Year Zero
Nine Inch Nails

The Best Damn Thing
The Best Damn Thing
Avril Lavigne

Infinity on High
Infinity on High
Fall Out Boy

NINは、いよいよ今週末ですね…行きます。
無理やりに休みを取ったので。。
トレント様を見たのは2年前のサマソニが初めてだったのですが
あのライブの迫力に、負けました。
是非また見たいと思ってたので、何も考えずにチケット取って。
今度はどんなステージを見せてくれるのでしょう。
聴きながら楽しみにしています。
アヴ嬢は、言うまでもなくサマソニの予習ですが…
いつもレンタルとかで済ませてた気がしたので
初めてちゃんとCDを買ったかもしれない。輸入だけど。
元気のいいっていうか…これで人妻?(笑)
でもやっぱ、彼女の才能は凄いと、改めて思ったのです。
サマソニはタイムテーブル不安だけど、ちゃんと見れるかなぁ。
そしてFALL OUT BOYは、予想以上の傑作でした。
すごい、これはすごい!
前作から、こんなにモンスターのように化けるとは。
つーかドラムがなにげに凄い。
メロディがキャッチーなんだけどかなり独特で、
頭にすげー残るっていうか
仕事中にグルグルしててマジ困ってます。(笑)
そしてまた聴いて…って、悪循環が!
ものすごい中毒性です。これはマジやばい。
これはサマソニで踊り狂うことになりそうです。
今作でファンが増えるんだろうなぁ、彼らも。うむうむ。

そんなわけで、駆け足ですがレポでした。
てか、買ったもんメモで毎度のことながらスイマセン。

【次週購入予定】
・THE USED
・FUNERAL FOR A FRIEND

…↑今月は何枚CDを買えばいのでしょうか。。
しかしながらFFAF、1曲目「INTO OBLIVION」がマジいい!
これは気分ですが、輸入ではなく国内盤で買います。
(ボーナストラックに淡く期待している私)
USEDは今週発売だと勘違いしてたので、フライングでした(笑)
あー、預金残高残しておかないと。本気でリリースラッシュだ。

嬉しい悲鳴を上げつつ、今日はこのへんで。
2007.05.15 Tuesday 22:39 | comments(2) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

補充、っていうか。

2007.01.24 Wednesday 20:02
そういえば今年に入って一度もタワレコに踏み込んでないと気付き
(…バーゲンで散財してしまったというのもあったんですが;)
ここ1週間ほど仕事も落ち着き気味だったので
先日、久々にタワレコに行ってきました。例によって渋谷店(笑)
探索だけにしとこうと思っていたら
気付いたら4枚もCDを買っていたのはお約束?って感じで…


Glory
Glory
Manafest

↑1Fに入った瞬間にお店でかかっていて
「なんじゃこりゃ、このリンキンもどき!」と
慌てて試聴機に飛びついたのが、このManafest。
カナダ出身、なかなかスキルのある白人ラッパーくんです。
ラップで「1979年に生まれて…」と連呼しているので、
そこから憶測するところ、今年でどうも28歳らしいです。(笑)
コレがデビュー作??輸入盤なので基本情報が少ない…。。
タワレコのポップには、でっかく
「エミネム×レイジアゲインストザマシーン!!」って書いてましたが
あたしはレイジを引き合いに出すっていうより
「エミネム×リンキン・パーク、+トラスト・カンパニー&フォート・マイナー」
っていうのが妥当なんじゃないかと思います。
まぁ、ドン・ギルモアがプロデュースしたんじゃないのかって
マジでそんな音をしていますが…ドン氏は今回無関係のようです。(笑)
コアなリンキンファンによっては激怒しそうですし
下手すればエミネムに皮肉られそうな感じもしますが
…「ADVISORY」のロゴも入っていないし、
ロックなアプローチ、ヒップホップのアプローチ双方を実現しているので
けっこう幅広い層に受け入れられそうな気がしています。
まぁ、だからこそ既にお店で爆音なわけですが(ねっ)。
「○○ファン必聴!」って宣伝文句は国内外問わずによくあるし
その文句に乗せられて試聴してみると、
8割の音源は色んな意味でがっかりしたりもするのですが…(苦笑)
この作品に関しては、あくまで個人的な意見ではありますが
「貴重な残りの2割」といえる存在なのかもな、と思います。
ここ数年の洋楽シーンの流行っていうか、良い部分を
上手に消化して音源にしていると思います。聴きやすいです。
ラッパーのくせ、一枚の中でロックにもアプローチできてるのが凄い。
個人的なおすすめ曲は…
アイスランドのヒップホップチーム・Quarashiにもやや通じる
1曲目「Don't turn away」
やたらテンションが高く、エミネムを引き合いにされる元凶?
2曲目「Bounce」(でも、むちゃくちゃカッコいい)
やたらロックっていうか、本気でリンキンに間違えられそうな
4曲目「Impossible」
…などなどです。捨て曲はほとんど、ないと言って良いと思います。


DAUGHTRY
DAUGHTRY
DAUGHTRY

↑上のManafest君と同じラックに入っていた、このドートリー氏は
アメリカの某・超有名オーディション番組出身。
上位に残るも、彼は惜しくも落選したそうなのですが
「なんで彼を落としたんだ、許さねぇ」と
番組史上でも例を見ないものすごい数の苦情の電話が、番組サイドに殺到。
…なんかアメリカでそんな騒動が起きているらしい、ってのは
リアルタイムでなんとなく小耳に挟んでいた記憶があるのですが
そんな全米の視聴者のハートを掴んで離さなかった彼が、
この度めでたくデビューされたようです。
どんな声の持ち主なのか、と興味本意で聴いてみると
おおーー、これは北米ウケする典型的な声っていうか
ハスキーな美声。すげー歌上手いです。これは納得。
ニッケルバック(カナダ)の、チャド・クルーガーに似ています。
程よく枯れたカンジのハスキーボイス。たまりません。
THE CALLINGのボーカルの声にも、やや似ています。
まぁとにかく、アメリカ人の好きそうな声です(笑)
かくいう私も、ついつい買ってしまうタイプの声。
駒場東大前の駅のホーム(高台で見晴らしがいい)で、
西に沈む夕陽を眺めて、遠ーい目をしながら聴きたいカンジっていうか
(…例えが猛烈にローカルですが、どうか許して下さい)
いい具合に哀愁を帯びてるし、これは世代を超えて支持されそう。
日本でもタイアップとかついたら、一気に火が点くんじゃと思います。
直感で買ってきたんだけど、これは大正解でした。
1曲目が「It's not Over」(これで終わりじゃない)ってのが
タイトル的に、猛烈に意味深でもありますが(苦笑)
ある意味で起死回生デビューの彼にぴったり?なのかな…。
この声に惚れたらしきSLASHとの共演作も収録されています。
(7曲目の「What I want」って曲です)
これがまた、猛烈にカッコいいんだなー。
オーディション番組をナメちゃいけませんね。
彼をロック路線で売り出したこの戦術は、大正解だと思います。
うますぎる。マジでロック映えする声です。
いやー、これは買ってよかった。かなり聴きこめそうです。

height=

height=



For those who have heart
A Day to Remember

↑いきなり2つもバナーで申し訳ないのですが
どうもインディーレーベル所属らしく、amazonでの扱いがありませんでしたorz
ジャケット写真は自分で加工してはっつけてます(トホホ)
で、こちらはアメリカのバンド・A Days to Remember。
エモコーナーで異様にこのCDだけ売れていたので
「なんじゃこれ」と聴いてみたら、笑ってしまう程にツボ(爆笑)
いやーー、思わずニヤリと笑ってしまいました。素晴らしい。
CDのセールスコピーには
「If you like "POP", Need your "MOSH"」
(たとえ君がポップミュージックが好きでも、これにはモッシュして欲しい)
…このセールスコピーにも爆笑しました。
キャッチーなんですけど、ものすごい重たい要素もあります。
抜けるボーカルと、猛烈に重いスクリーム
メタルな要素が感じられる重いリフ、重厚なグルーヴ
…いわゆる「スクリーモ」「エモメタル」系のカテゴリ。
個人的にはこのテのバンドが珍しくなくなった昨今
(最初に衝撃を受けたのは、4年近く前にTHRICEに出会った時でしたが)
敢えて好きゆえに静観して、選びに選んで買っていましたが
これほどのレベルで手が伸びたというか、納得がいったのは
ハッキリ言ってBullet For My Vallentine以来でした。
演奏も上手いしね。今後、台風の目になるんじゃないでしょうか。
「乱立しすぎた今、直感で買ってどうかなー」
とも思いながらレジに持っていったのですが
結果的に直感を信じて間違いありませんでした。よかったぁ…。
こいつら、フェス来てくれないかなぁ。
これは掘り出し物を買いました。マジいい買い物だったと思います。
そのうちすごくファンが増えると思います。
来日公演が決まったら、彼らは是非見たいです。
…インディーレーベルなのが、気になるけど。(笑)
試聴も彼等のMyspaceから可能ですので
上のバナーから是非飛んでみてください。なかなか熱いです。



Since We Can’t Have Forever
A STEP BEHIND

↑画像がamazonにありませんでした、その2。(苦笑)
またネットで画像を探して加工して、amazonにリンク貼って…。。
こちらは同じエモコーナーでも、ポップパンクに近い感じ。
「昔のYELLOWCARDみたいなカンジもするな」と、手が伸びました。
もちろんバイオリンはいないですけど…(笑)
こういうキャッチーなメロディ、疾走感のある音
若さで駆け抜けるカンジの音も、たまには買い足しします。
これもなかなかよかったです。


ってなわけで、4枚買ってしまいました…ってことで。(笑)
たまには好きな音を補充するっていうか
新しいものは、今度まとめて買います。
今回は「自分の好きな音」を補充したカンジで。
どれも良かったので、もし興味があれば試聴してみてください(恐縮)
そんな感じで久々のレビューでした。

追伸:
昨日書いたように、N.I.N.の来日が決定して
一部で今日から先行予約が始まる…はずだったんだけど
なんか急遽先行予約が中止になってしまったらしい。凹
いつでもいいのでちゃっちゃと予約したいのですが!
まぁ、いいや。こまめに情報チェックして、予約開始を待とう。。
絶対行くぞぉーーー!!!!(ぼそり)

2007.01.24 Wednesday 20:02 | comments(2) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

ハートよ、なぜ泣き叫ぶのか

2006.12.20 Wednesday 21:12
ムーラン・ルージュ
ムーラン・ルージュ
サントラ,デヴィッド・ボウイ,エデン・アーベ,クリスティーナ・アギレラ,リル・キム,マイア,P!NK,ボブ・クルー,ケニー・ノーラン,ファットボーイ・スリム,ノーマン・クック

今、テレビでフィギュアのエキシビションを見ていたのですが
日本の高橋大輔選手が、なんとエキシビションで
↑映画「ムーラン・ルージュ」のサントラの曲を使っていまして
聴きなれた曲だったので、慌ててテレビの前に飛んできました。
曲は、「愛しのロキサーヌ」。
♪ハートよ、なぜ泣き叫ぶのか…♪
タンゴの旋律にユアン・マクレガーの歌声が、リンクにこだまして
もーーこの映画&ユアンファンとしては、ときめきました。
構成は曲のファンとしては
「ここでためて、ここで飛んで欲しい!」っていうのが
ロッカーの私と高橋くんの間で、若干ズレがありましたが(笑)
面白い着眼点ですね。高橋くんもこの作品見たのかなー。
この映画も公開されて6年くらい経ってるので
こんなところでこの曲を聴けて、非常に嬉しく思いました。
映画じたいは、洋楽ファンにはなかなか面白い作品だと思います。
映像の作りが、ミュージッククリップのような作品です。
ラブストーリーとしても、もちろん楽しめますが!
いやー、嬉しかったなー。
個人的にもiPodで、よく聴いている作品です。
意外と飽きがこないというか、音楽的にクオリティが高いので
すごく好きなサントラなんですけど。嬉しかったな。



Discovery
Discovery
Daft Punk

そして、フランスのブライアン・ジュベールがエキシビションで使ったのは
同じくフランスのダフト・パンク。
彼は演目がグランプリだったゆえ、2曲ありましたが
1曲目がこのアルバムからのセレクトです。
この曲も好きなので、「おっ」と思って見てました。
彼のセレクトは、けっこうクラブ寄りだったので
プライベートもそういう過ごし方をしているのでしょうか(笑)
なーんて、ちょっと思ってしまいました。

どっちも日本ではさほど知名度の高くない曲ですが
エキシビションの選曲は、その人の個性が出るなぁ!と
ミキティの絢香ちゃんの選曲なんかも見ていて感じました。
あのセレクトも、ホントいいエピソードが背景にあるし。
曲も楽しみにしながら、フィギュアは見ています。
…織田ちゃんの以前のマリオも、楽しかったしなぁ(笑)

そしてやっぱり、今日はキャンデロロに尽きます(しつこいよ・笑)
↑前の記事を参照ください。
2006.12.20 Wednesday 21:12 | comments(3) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  

昨日に引き続き。

2006.12.14 Thursday 16:51
Decemberunderground
Decemberunderground
AFI

DVDで見たMiss murderのPVが、余りにステキすぎた… こちら
ご興味のある方は、是非どうぞ。

ちなみにこのAFIのMiss murderのPV、調べてみたら
今年のMTV best Rock Video of the Yearのようですよ。
全米MTV、今年のNo.1ロックPV…みたいでっせー!!
個人的には納得です。映画みたいなクオリティだし☆
まぁ、これまた私の好きな30 Seconds to Marsが
このVMAでAFIに負けてしまったのですが(笑)
まぁ、それは別の問題で
ホントにこのPVはステキです!!
床のモザイクタイルが、素晴らしすぎる…
そんなところも個人的にはウットリしてました(苦笑)。

ってなわけで、ご興味のある方は是非。



追伸:
「Love like winter」のPVもぜひぜひ…。(笑)  こちら
なんで日本の灯篭が雪の森に埋もれてるのかが気になる。。
2006.12.14 Thursday 16:51 | comments(0) | - | 
人気blogランキングへ ←地味に参加中。クリックすると、順位が見れます。  
 | 1 / 6 PAGES | >>